2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急輸送道路沿道建築物の耐震化義務化可決は大震災当日だった

kage

2011/09/07 (Wed)

以前に、このブログでご紹介した、「東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例」に基づく、「特定緊急輸送道路」について、こんな記事を発見した。

実は、この条例は、くしくも3月11日の大震災当日に可決されたそうだ。偶然とは思えない運命的な可決日となった。

つまり、大震災を受けて制定された条例ではなく、その以前から想定されていたことだったということだ。
一応、以前のブログに書いた記事のペーストです。

*****************************

東京都は6月28日、「東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例」に基づく、「特定緊急輸送道路」を指定したと発表した。

特定緊急輸送道路沿いの管理組合は、来年の4月1日以降に耐震診断を実施しなければならなくなる。
費用は平成25年までに実施した分については、国と都が負担する。
昭和56年5月以前の旧耐震基準で建築され、道路幅の約二分の一以上の高さがあるマンションが対象になる。

耐震診断の猶予期間も定められた。
平成27年3月末までに診断を実施しない場合、正当な理由がなければ、都はマンション名や所在地を公表できる。
特定緊急輸送道路は、第一次緊急輸送道路を全て含み、都内の全高速道路、環状7/8号線、第一・第二京浜、甲州街道、葛西橋通り、新大橋通り、蔵前橋通り、水戸街道、日光街道、昭和通り、中山道、川越街道、目白通り、青梅街道、新青梅街道、目黒通り、中原街道、井の頭通り、多摩ニュータウンどおり、川崎街道、府中街道、世田谷通り、などなど主要幹線道路、および各市町村長者への連絡に必要な道路約千キロメートルを指定した。

都の耐震化推進係によると、該当物件は約5千棟。
分譲マンションの割合は「不明」というが、約500棟程度が該当するだろうという。

*****************************

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。