2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画停電対策2

kage

2011/04/22 (Fri)

昨日に引き続き、計画停電対策で、今回はエレベータです。

いざ停電になると何がおきるかというと、エレベータが急に停止します。
その時に人が乗っていると、エレベータ内に閉じ込められます。ところが、1990年代後半を境に、最近のエレベーターには「停電時自動着床装置」という機械がついているものがあります。これは、停電時にバッテリーで最寄の階まで移動し、自動的にドアを開ける機能です。

この装置が普及しだしたのが1990年代後半なので、築10年以上のマンションであれば、「停電時自動着床装置」がついた機械であるか?管理会社や保守会社に質問をしてみましょう。


「停電時自動着床装置」がついていれば、いざ停電という時に何もしないでも事故はおきませんが、「自動着床装置」がついてなければ、停電の手前でエレベータを安全に停止させてスイッチを切っておく必要があります。

これについてもやり方を管理会社や保守会社に質問をして、管理員さんや理事など区分所有者で事前の訓練をして、なるべく多くの人が、停電の前に安全に停止させるやり方を理解しておく必要があります。

万が一、閉じ込めにあった場合には、管理会社や保守会社に連絡をして、救出に来てもらう必要がありますが、夏場の暑い時間帯なので、熱射病対策として、エレベータ内に保管する飲料水や簡易トイレなど、用意しておくといいでしょう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。