2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余剰住宅増加からみる管理修繕積立金の不足問題

kage

2014/09/20 (Sat)

先月総務省から「住宅・土地統計調査」という統計が発表になった。

これは、私がここしばらく、発表を待ち遠しく見守っていた統計だ。

これによると、全国の住宅総数が6063万戸に対して、居住世帯が5210万戸となり、約820万戸(13.5%)の余剰住宅がとなったという発表。
5年前発表の数字よりも、余剰住宅が大分増えた計算だ。
約20年前は、余剰住宅が約440万戸だったのに対して、倍近くまで余剰住宅が増えている計算となる。

一方で国土交通省発表の新築着工戸数は2013(H24年)の新築着工戸数は約99万戸に対して、建て替えや解体の住宅もあるので、正確な数値は把握できていないが、毎年数十万戸住宅が純増している計算になる。

ハウスメーカーやマンションデベロッパーなどは、住宅を造り続けなければ生きていくことができないので、単純に10年後は数百万戸住宅が増える計算になると同時に、人口収縮に伴って、居住世帯も若干の収縮が起こり、10年後の余剰住宅は1千万戸をかるく超えてくると予測され、20年後はそれ以上の余剰住宅になることは間違いなしです。

この問題は、マンション管理組合にも大きな影を落とします。
空き家による、管理費と修繕積立金の不足(または滞納)問題です。
これは、大きな社会問題となるでしょう。今から対策が必要です。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。