2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期修繕計画とは何?

kage

2014/06/06 (Fri)

沢山のマンションで長期修繕計画の問題が指摘されています。
たとえば…

・長期修繕計画がそもそもない
・長期修繕計画はあるが、5年以上更新されていない
・長期修繕計画上、修繕積立金が将来破たんする可能性があり、修繕積立金を値上げしあければならない
・長期修繕計画の修繕項目に不足がある


などなど…。
ではそもそも長期修繕計画とは何なのでしょうか?

多くのマンション(建物)は、鉄筋や鉄骨、コンクリートといった非常に耐久性のある材料でつくられています。
しかし、新築から月日がたち、築年と共に劣化が進んでくるのは仕方のないことです。
このため、建物や設備の劣化に応じて、適切な時期に修繕を行うことが快適な住まいを守るためにも重要となります。その計画をしたものが長期修繕計画、というわけです。
長期修繕計画はマンションの財産価値の維持・保全のためにもとても重要なのです。

マンションの維持、管理は、管理組合が主体となって行うことが基本です。
維持、管理には管理組合・理事会の運営が重要で、建物や設備を保全していくためには、保守・点検や経常修繕を着実に行うとともに、長期修繕計画をたて、この計画にもとづいて「修繕積立金」を積立てます。

維持・保全には…

 ●保守・点検・・・定期的に建物や設備の痛み具合を点検し、必要な手入れを行うもの。
            管理費から歳出されるのが通常です。
 ●経常修繕・・・漏水や雨漏りに対して行う修繕や、故障した物品の交換など。
           管理費から歳出されるのが通常ですが、大規模なものや高額なものは修繕積立金から歳出することも。
 ●計画修繕・・・建物や設備の劣化や耐用年数を元に、重大な不具合が発生する前に計画的に行う修繕。
           これがいわゆる長期修繕計画による修繕工事で、修繕積立金よりまかないます。


ちなみに「改良工事」は「グレードアップ工事」とも呼ば、長期修繕計画による計画修繕とは異なる意味で使われます。
例えば、集会室の増設や駐車場・駐輪場の増設・撤去、スロープの設置や耐震性の向上などをいいます。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。