2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪質な滞納者対策(7)

kage

2014/03/25 (Tue)

今回は「少額訴訟」についてお話ししましょう。

 民事訴訟のうちで,60万円以下の金銭の支払を求める訴えについて,原則として1回の審理で判決まで行う特別な訴訟手続です。

 審理は基本的に、裁判官と丸いテーブルに着席する形式で進められます。

 ただし,通常の裁判と違って,当日での解決を目指すため,証拠書類や証人は,審理当日にその場ですぐに調べられるものに限られます。

 もっとも,判決や和解の内容に相手が従わない場合は、強制執行を申し立てることができますので,効果としては,通常の裁判と変わりありません。

 申立自体も簡易なうえに,裁判の進行については,裁判官の強い訴訟指揮のもとで進められますので,特に弁護士を立てることはありません。

 管理組合自身で訴訟を提起する場合には,有効な手続きです。

 なお,判決に不服がある場合には,異議を申し立てることができますが,通常の裁判のように控訴することはできません。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。