2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪質な滞納者対策(8)

kage

2014/03/31 (Mon)

 調停は,簡易裁判所にて話し合いによって紛争を解決する手続きです。滞納者が裁判所に調停を申し立てるということは,支払い方法について,分割を求める意図であるのが通常です。

 管理組合としては調停に出頭して,和解をすることになります。

 調停がまとまると調停調書というものが作られます。

調停調書は,判決と同様の強い効力があり,給料や預金口座の差押えも出来るので,管理組合にとってもメリットがあります。

 また、滞納者が亡くなり、相続人が不明な時には、まず,戸籍を調査して,相続人を確定させることになります。手続きについては弁護士や司法書士に依頼すると良いでしょう。

 ただ,戸籍を調査しても,相続人がいないという場合には,裁判所に「相続財産管理人」を選任して貰います。

管理人が選任された場合には,管理人に対して滞納管理費を請求することになります。

 管理人は,手元に管理費を支払うだけのお金がない場合には,マンションを換価しても支払いをすることになります。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。