2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション管理委託業務の談合

kage

2014/02/26 (Wed)

数年前に、私が実際に体験したお話です。

とある大手有名管理会社が管理をしている300世帯以上の物件で、管理委託業務見直しのコンサルティングを依頼された、ある物件での出来事。

某有名管理会社の支店長や役員が、「ご挨拶」と称して、数名当社にやってきて私に言ったことは、、、、

管理会社:「他社の見積徴収は避けられないと思いますが、独立系は入れないでください」

私:「なんですか?」

管理会社:「独立系が入ると、品質が著しく損なわれることはご存じの通りだと思いますが、それ以上に調整ができなくなります。独立系以外はだいたい抑えることができます。」

私:「独立系以外は談合に参加できるのですか」

管理会社:「『談合』と言わないでください。あくまで『調整』なんです。もちろんリベートも考えます。」

と、こんなくだらない話を1時間程度やって「ふざけんな」と言って帰っていただきました。

それまでのコンサルタントは、こんな会話で丸め込むことができたのでしょうけれども、当社ではそうはいきませんでした。

ここで学習したことは、。。

▼マンション管理業協会(旧高層住宅管理業協会)で役員間の交流があり、どの管理会社も精通していて、談合をするのは簡単にできる。

▼しかし、だいぶ独立系管理会社を中心に解体してきているし、取った、取られたの争いも一部に発生してきている。

▼コンサルティング会社や士業の人たちは、ある程度リベートで抑え込むことができる。

▼業界では「談合」といわない。やはり人の子なので、後ろめたいイメージを持たせないために、「調整」と呼んでいる。

▼やはり新築時点から設定された管理会社が管理を継続している場合には、絶対に委託費用は高い。

などでした。

デベロッパー系管理会社に管理をしていただいているマンション管理組合の皆さんはお気を付け下さい。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。