2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総会の正しい乗り切り方

kage

2013/12/12 (Thu)

先日の管理組合は、理事と修繕委員の方々がとても熱心に組合活動に取り組んでいた。

通常、専門委員会の議事/理事会の議事/事前の説明会/広報/総会議案書作成・配布/当日のご説明/今後の対応/意見交換などは、私たちが管理組合の黒子となり、お手伝いをさせていただく。

しかし、先日の管理組合では、理事長と修繕委員長がとても熱心で、私たちの出番がほとんど無いほど全てが整っていました。そしてとてもスムーズに議事は進み、「では受託業者のシーアイピー須藤さんです」とご紹介をいただいた。

普段、お仕事も、家庭も、子育てもあるなかで、理事会活動は肩の荷が重く、その進め方も素人である理事のみなさんにはなじみが無く、私たちにご相談いただき、その進め方や配布文章などを提案させていただくのが通常だ。

しかし、まれに熱心な理事長や修繕委員長、それから役員のみなさんがいらっしゃると、独自に議論をして、考えて、素案を作り、何度も何度も役員で集まり、議論をし、自分たちの手作りで会をすすめていく。

実は、そのほうが、役員の熱心さが区分所有者に伝わるのか、反対意見などでたこともなく、円満にスムーズに総会を乗り切ることができるようだ。

もちろん、私たちの経験を活かしていただき、活用いただくことに、なんの問題も無いのだが、ただ、役員のみなさんの、情熱・熱意・誠意がしっかりと前面に打ち出すことができ、区分所有者のみなさんもその気持ちに応えることができるようだ。

やはり、最終的には人間性ということを身をもって証明してくれたのだと思います。

本当に熱心な役員のみなさんに感謝の気持ちと敬意を表するとともに、私たちも本当に勉強になります。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。