2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理戸数ランキング/大手管理会社による寡占化が進む

kage

2013/11/30 (Sat)

今年度は、大京アステージがジャパン・リビング・コミュニティと合併して大台の40万戸超えとなり1位に返り咲きましたが、2位の日本ハウズイングも昨年の1位から順位を下げたとはいえ、受託戸数を伸ばしています。

2,000社を超える管理業業界も寡占化しており、上位50社で全体の約7割、上位100社では約8割を以上を占める受託数となっています。


順位  管理会社名          受託戸数  受託組合数
 1  大京アステージ         415,249     7,392
 2  日本ハウズイング        387,607     7,109
 3  東急コミュニティー       298,227     4,618
 4  長谷工コミュニティ       238,222     2,001
 5  三井不動産住宅サービス   178,268     2,136
 6  三菱地所コミュニティ      171,809     2,431
 7  住友不動産建物サービス   166,333     2,175
 8  合人社計画研究所       165,634     3,145
 9  日本総合住生活        162,516      766
10  大和ライフネクスト       141,535      2,197

このランキングの評価はあくまでも受託戸数であり、また、管理会社の特性上(独立系よりデベロッパー系、ゼネコン系が有利)、管理会社のレベルの優劣(実力)や顧客満足度(人気の高さ、評判の良さ、クチコミの多さ等)に等しいものではありませんが、一定規模の戸数を受託している「大手」の管理会社がどこかはわかりますし、指標によっては評価できる部分もあると思います。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。