2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサルタントはパートナー

kage

2013/08/03 (Sat)

マンションにとって、あらゆる意味でコンサルタントはパートナーです。

大規模修繕工事、管理委託業務見直し、マンション管理士、、、などなどいろいろな場面で。

コンサルタントは、物売りではなく、知恵を出して、問題を解決していくお仕事です。

管理組合にとって、どのサプライヤーを選ぶべきか!?よりも、このパートナー選びがもっとも大切で肝心なことはいうまでもありません。

もちろんそのコンサルタント料金の安い会社を決めるべきではなく、無料でコンサルティングをしてくれたり、たたき売りをするコンサルタントの方が信用置けるものではありません。

これを、管理組合で見抜くのは一苦労で、選定基準がないのが実情でしょう。

対応力、説明力、人柄などなど、六感を使い分けて、ベストパートナーを選ぶ必要があります。

最近、この「パートナー選びに失敗しました」という話を聞きました。

大規模修繕工事において、設計者は談合をさせるべく、自分の指定業者でなければ工事の責任を負うことができず、やむおえず管理組合では、このコンサルタントをクビにして、マンションの管理会社に工事監理をさせつつ、自分で探してきた施工業者に大規模修繕工事を依頼したのです。

これによって、私はトラブルや瑕疵が起こった際に「責任がたらいまわしにされる」と直感しました。

例えば、どこからか漏水したケースを考えてみましょう。

施工業者は、「設計と監理にも問題がある」と言うでしょう。

そうすると監理者は「設計に問題がある」といい、

設計者は「施工と監理者に問題がある」と。

つまり、一番困るのが間に挟まれている管理組合だということを理解する必要があります。

ここでの、最大の問題点は最初に大規模修繕工事のコンサルタントを選んだ時にさかのぼります。

ここで、しっかりとした設計監理者を選んでおけば、何も問題なかったのですが、問題があるコンサルタント会社だと理解しつつも発注を決断し、今になって後悔しているようです。

さて、どんな工事になるのか!?注目したいと思います。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。