2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイントはパートナー選び

kage

2013/05/05 (Sun)

建物調査は、その建物調査費用や設計費用で選んではいけません。

誰をパートナーに選ぶかということが最大のポイントです。

工事を切望している管理会社・施工業者そして、設計事務所、工事時期検討のパートナーに選んでしまうと、悲劇が始まります。

工事の時期や直し方をしっかり検証し、かつ、長期修繕計画書からマンション管理組合修繕積立会計の財務状況をしっかりと把握し、管理組合の立場に立ってサジェッションできるパートナー選びが肝心です。

実は、そんな管理組合サイドに立ったアドバイザーを見たことがありません。

設計事務所・工事会社・管理会社全て、工事を早く実施してほしいと切望をしています。

くれぐれも、建物診断や設計をお願いするパートナー選びを間違えないで下さい。

場合によったら、セカンドオピニオン、サードオピニオンなども求めてもいいかもしれません。

建物調査だからと、気軽に無料でやってくれる管理会社などに依頼しない方がいいでしょう。

無料で建物調査をやってくれる管理会社や施工会社においては意見として受け取っておくには問題ないのですが、ある程度信頼できるパートナーの意見をしっかりと伺いながら進めるといいでしょう。

パートナー選びには、工事の技術的な側面よりも、破綻している長期修繕計画書において、今回の大規模修繕工事も含めて、どのような提案をいただけるのか、しっかりと説明を受けるのもいいでしょうし、他のマンションでどうしているのか実績を伺ってみるといいでしょう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。