2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数量表などもデータ管理を

kage

2013/04/20 (Sat)

大規模修繕工事では、必ず見積書が出てきます。ここには塗装●㎡\/防水●㎡/タイル●㎡/シーリング●mと数量が細かく記載されています。

実は、これも数量だけでも電子化しておくと次回の大規模修繕工事や、定期点検の時などに役に立つのです。

だから見積書はエクセル表の生データでもらえるとGOODです。

さらにはこの電子データはクラウド型のサービスで保管するといいでしょう。

いまはいろいろなクラウドサービスがあります。

ダウンロードに時間が必要ですが、いつでも、どこでも、ログインできればダウンロードができますし、マンション屋上や駐車場など現場において、ipadやタブレットを持ち歩きながら、保守点検報告書や図面をチェックしながらマンションを見てまわり、書類上と現場をタイムリーに見ることもできます。


設計図書が紛失をしてしまっているとか、構造計算書は古くてないなんていうマンションもよく見かけます。

実は先日、築後30年ほど経過したマンションでも、つい先日構造計算書が出てきたと吉報が届きました。

設計図書を紛失してしまっていると諦めずに、粘り強く探していき、そして劣化や紛失をしない形にしていきましょう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。