2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニケーション・根回しが大切

kage

2013/04/16 (Tue)

マンションでは、いろいろな人間模様が繰り広げられます。

組合活動は1~2割の熱心な活動をする人と、8~9割のサイレントマジョリティで構成されます。

その1~2割の熱心な方の中で、少数派ではありますが問題児が現れます。この問題児は声が大きく、議論や質疑応答時間の9割を支配することがあります。それを静観しているサイレントマジョリティは、大勢派の空気が問題児サイドだと感じてしまうと、問題児側についてしまうことがあります。

そこでは、このサイレントマジョリティを正しい方向に導いていくことが大切なことなのですが、これをしっかりとやっていくのが結構難しいのです。

これには、コミュニケーションや根回しが必須です。

コミュニケーションや根回しが現代社会の中で上手くできないケースがよく見受けられます。

理事会で議題をいきなり出すのではなく、事前に理事の中でキーマンとは、メールや電話、あるいは理事会の手前にちょっとした時間に立ち話程度でいいので会話をしておく。

あるいは、理事会として、総会にいきなり上程するのではなく、重要案件では事前の広報やアンケートを怠らない。

そして、声の大きな問題児が現れそうな時、それから問題が紛糾しそうな時、特別決議のとき、などはしっかりと事前のコミュニケーションや根回しが余計に求められます。

一人で孤立して、孤軍奮闘するのは得策ではありませんし、決してよい結果を招きません。

発言するだろうと予測できる方に事前に議案書を見ていただき、相手の理解を得るなど、受容する態度を示し、いつも「上げ足」ばかり取る方に対しても人目を引く場での労を担ってもらうなど「敵」の懐に入ることで味方につけることでは確実にいい結果を産むと思いますし、また最前列の席に親しい役員さんに座ってもらい「異議なし!」とすばやく声をあげてもらい、議事を滞りなく進めることも大切です。

大事なことは「賛成してくれなくてもいいが反対はしない」ように持っていく術が必要です。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。