2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重要案件はアンケートや説明会、広報活動を怠るな

kage

2013/04/01 (Mon)

大規模修繕工事の実施や、修繕積立金の値上げ、あるいは大きな改革など、毎年ある定期総会議案と異なる重要な案件を総会に諮る時には、いきなり総会にかけずに、しっかりと合意形成を図る必要があります。

議案の内容によっても異なりますが、広報活動だけではなく、アンケートや説明会なども有効な手段ですし、そのプロセスを間違えると、せっかく理事で練りに練った、管理組合にとって必要な案件でも紛糾することがあります。

広報誌を発行しても読みもせずに、アンケートの回答もしなく、説明会にも来ることなく、総会ももちろん欠席のサイレントマジョリティに対しては、何をやっても無駄だと思いますが、プロセスを正しく踏まなければ、一般聴衆を味方につけることはできません。

区分所有者が、チェックをするところは、議事や選考方法が開かれているのか?内容がわかりやすかったか?といったところに一番関心がありますので、そのアンケートや説明会のステップがなければ、せっかく総論賛成の区分所有者まで、プロセスが不透明だというだけで、各論の部分だけを取り上げて、反対票に1票と投じてしまうことがあります。

マンションでも合言葉は「公平・公正・透明」です。心得ておきましょう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。