2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理事役員交流会 その1

kage

2012/08/22 (Wed)

先日、猛暑の中、銀座のとある貸し会議室にて、当社主催の「理事役員交流会」というのを開催させていただきました。

最初は当社の会議室を利用して10名程度でこじんまりとと思っていたものの、定員を超えて、30名程度の貸し会議室を予約し場所変更に。

その後、さらに参加希望者は増え続け、30名のキャパシティーも超えて、ついに50名以上となり、56名定員の会議室で、暑い中、ギューギューにつめていただき、理事役員交流会を実施させていただきました。(写真は、まだ始まったばかりの時間帯で、少し空席があるものの、このあと超満員になりました)

交流会

ご参加いただきましたみなさん、本当にありがとうございました。

その出席者の中から感想を・・・

*********************************
御社の取り組みは大変面白いし、マンションが抱える問題点を捉えており、須藤社長の お考えには、ほとんど自分の考えと一致しており、良い所を突いていると思います。

これは日本のマンション全部の構造的問題であり、ここに巨大な市場があると思います。

具体的には、問題点の項目を列挙すると、管理会社の独占支配、区分所有者の組織の未発達、管理組合の機能不全・形骸状態・経営不在、管理会社への丸投げと全面依存、管理費の無チェック、修繕積立金と管理費との関係の掘り下げの必要、修繕積立金の大幅引き当て不足の解消策、資産価値向上策、中古マンションの価格下落対策、我々のマンションは終の棲家になりうか?

10年後のマンションは大丈夫か?、国土交通省のマンション適正化推進法は役に立っているか?

マンション管理業者の側に立っていないか?、管理会社の業界ぐるみの独占体制には無力か?管理会社に対抗するには、マンション側は消費者庁との連携が必要では無きや?

須藤社長には、マンション業界のこれらの管理会社による悪弊、独占・独裁体制を打破して、真にマンション住民のためになるマンションにするために、ご尽力をお願いしたい。

その為には、普遍的な、どのマンションでも、簡単に、契約できる、契約し易い、システム・枠組みを再検討頂きたいと期待しております。

そのようなものを構築出来れば、全国のマンションの巨大市場を掴み取ることが出来ると思います。
全国のマンション居住者の為に頑張って下さい。
**************************


というお言葉を頂戴した。うれしい限りです。

みなさんのご要望ですので、是非次回開催させていただきます。

本当に、ありがとうございました。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。