2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期修繕計画の落とし穴

kage

2012/08/21 (Tue)

みなさん、是非一度現在保有している長期修繕計画表を見て下さい。
マンションの修繕工事の内容と周期、概算費用のシュミレーションをしたものが長期修繕計画です。

築30年後程度まで作成することが望ましく、マンションの立地条件や建物の形…タワー型マンション、海沿い立地、低層のタウン型 …などによって内容は異ります。

計画的な修繕工事はマンションの資産価値維持・向上にとって大切ですが、長期修繕計画どおりに修繕工事を行う必要はありません。
修繕時期が近づいたら劣化診断を行って修繕工事を行うべきかを確認しましょう。

また、どんなに精度の高い長期修繕計画を作成しても、そのままだと情報は古くなって計画として信用度が低いものになります。
5年毎に見直すのと同時に、大幅な改良工事や修繕工事を行った後は情報を更新しましょう。

長期修繕計画の大規模修繕工事費と修繕積立金長期修繕計画書は修繕積立金の算定基準ともなります。

修繕積立金の積立方法は様々で、

●毎年均等な額を積立
●段階的に増額して積立
●均等額を積立+一時金の積立

などがあります。
長期修繕計画では修繕工事費用と修繕積立金額を明記し、将来的にどのようにマンションを修繕していくか、またその為に修繕積立金の不足がないかをチェックします。


修繕積立金は不足していませんか?


新築分譲時は、修繕積立金額を低く見せるために実際に必要な額より明らかに少ない額で設定してあったり、多額の一時金負担を前提としている場合も多く、大規模修繕工事時に修繕積立金が不足するマンションが増えています。
たぶん、小さな数字の羅列で、見るのもいやになってしまうと思います。
そんな時には、株式会社シーアイピーで「長期修繕計画無料査定」を実施しています。
是非ご活用下さい。


お問合せはこちらから→ 長期修繕計画の無料査定 (株)シーアイピー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。