2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション管理会社への値下げ交渉

kage

2012/04/28 (Sat)

当社でコンサルティングをした実録で、当社採用以前の管理会社に対しての値下げ交渉のプロセスです。
(お名前を伏せて転載させていただきました。)

*******************************
先の勉強会で、須藤社長が管理費削減のプロセスは全てオープンにしたら良いと言っていたので、勉強会翌週の土曜日に私とN理事は、K管理人に管理会社変更後に残ってもらえるか打診した。

K管理人は個人的に世話になっている住民が多く、彼を味方に付けた方が得策と考えたからだ。

K管理人は管理会社が同区内で管理しているマンションの管理人のグループのリーダーをしているらしく、10年以上前から勤めていた同社に恩義を感じており、同社を裏切ることは出来ないとはっきりと言った。


また、K管理人は
「仲間の管理人からお宅の委託管理費は高いよとよく言われた。初代のフロント担当は管理組合が値下げを言い出すのを防ぐために先手を打って2期目に修繕積立金の値上げ(1戸当り1000円)を行った。今考えたら、彼は先見の明があったのかも知れない。この際管理会社が委託管理費を値下げしてくれて引続き管理することが私にとってベストである。」
と言った。


我々がK管理人にした話はその日のうちに管理会社担当支店のマンション管理部長に伝わり、夕方、管理部長がフロント担当者とともにマンションにやってきてどういう事なのか私に尋ねた。

後日分かったことであるが、管理部長がやってきた時に、他の理事にも声をかけたが皆留守にしており、私1人が応対したのであった。

私はこれまで管理会社が取ってきた誠意の感じられない対応(長期修繕計画を頼んだのになかなか提出されなかった。委託管理費が44万円/年しか下げてもらえなかった。給水直結方式の工事費が割高だった。他)を説明し、コンサルの採用は管理会社変更が主目的ではなく、委託管理費を適正な水準に収束していくことが目的である旨を伝えた。



管理部長は

「貴マンションは、価格面で非常に良いお客さんだった。また、設計、施工、分譲、管理を一環して行ってきた当社の結晶というべきマンションで、新人管理員の実地研修に常時派遣しており、当社が手がけたなかでもモデルマンションとも言うべき大切な存在だから、何としても引続き管理させて欲しいと考えている。翌月4月の理事会ではフロント担当者が親会社に栄転になり別の担当者に変更になるのを申し入れるのと、委託管理費の値下げを提案する。」

と言った。


私は管理会社と価格交渉する気が全くなかったので「精一杯の価格を提示されたらどうですか。」とつれない返事をした。


このとき管理部長は理事会が管理会社の値下げ提案を否決したら、直接コンサルとプロ同士の話し合いをすると言っていたが、CIPは管理会社からバックマージンをもらうような会社ではないので、それは無駄だろうと考えた。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。