2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい大規模修繕工事(3)|劣化箇所の確認

kage

2012/03/21 (Wed)

専門家に相談する前に建物がどのような状況なのか、どんなところが劣化しているのかをマンションの住民自らが認識しましょう。
いつも歩く廊下や階段よりも範囲を広げて1階から屋上までマンション全体を眺めなおしてみることをお勧めします。床や壁、見落としがちな天井や屋上などと共に、建物から少し離れて外観も見てみましょう。

02
写真は庇を見上げた部位で、樋の左あたりが白くなっています。「エフロレッセンス(白華現象)」という劣化です。


コンクリートに侵入した雨水などの水分が蒸発し、石灰成分などが白くなって表面に付着しています。
エフロレッセンス自体はコンクリート強度への影響しませんが、水の通り道や侵入経路と関係が深いので注意が必要です。


02
写真はコンクリート中の鉄筋へ水が廻り、錆びたために鉄が膨張し、鉄筋を覆っていたコンクリートを押し出した「鉄筋の爆裂」という劣化です。
このままにしておくと、ひび割れから雨水が浸入し鉄筋が錆びる、という状況を繰り返して劣化が進んでいきます。
鉄は錆ると強度が弱くなるので、補修が必要となります。

管理会社によっては大規模修繕工事の時期が近づくと無料の建物劣化診断書を提出することがあります。
提出された報告書を参考に実際の劣化箇所を確認するのも良いでしょう。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。