2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション管理組合、帰宅難民や津波避難 などに活用

kage

2012/02/21 (Tue)

現在、特に首都圏の自治体が、マンション管理組合に対して、帰宅難民や津波避難場所として、マンションを活用させてほしいという打診の話をよく聞く。

特に東海沖の大地震を想定している湾岸地域のマンションでは、逃げ場所がない中で、比較的高い建物を所有者しているマンション管理組合に、有事にマンションを開放して欲しいという要望がきているようだ。

さらに、都市部にあるマンションでは、集会室などを帰宅難民に対して開放や、食料/水/トイレ/毛布/携帯燃料などの備蓄をお願いしている。

悪いことではないと思うのだが、マンション管理組合側は「困った時はお互いさま」と受け入れを容認する声がある一方、「知らない人に占拠されるのは不安」など否定的な意見も多い。

また、理事会では「検討はしたいが、全住民に納得してもらうのは大変」と複雑な表情を見せるところも。
さらにオートロックの玄関が多く、避難者が来てもすぐにマンション内に逃げ込めないため、何らかの対策が必要になる。

考え始めると案外ネガティブになってしまう。

事前に、そんなことを検討しないでも、本当に有事の際には、人間、助け合いの精神や、力をあわせることは、今回の大震災でも立証済みだ。

オートロックも、だれか近くの人が開けるだろうし、いざとなればパニックオープンを知っている人もいるだろう。

事前に、覚書や、文章で残そうと議論をするから、空中分解をしてしまう可能性があると思う。

そんなことを考えた一日であった。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。