2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大規模修繕工事は15年タームをひとつの目安にしよう

kage

2012/01/22 (Sun)

現在マンション管理組合で保有する長期修繕計画は、管理組合の一大イベントである大規模修繕工事を12年タームになっているものがほとんどです。
これは国交省から出されているガイドラインに「12年」というのが明記されているためです。

どのマンションに行っても、9~10年ぐらいで管理会社から調査報告があり、ひび割れなどの箇所をクローズアップした写真をたくさん貼り付けて「計画通り12年目で大規模修繕工事が必要です」と提案され、業者の言われるままに大規模修繕工事に着手するマンションが少なくありません。

新築時の建物精度や維持管理状況があまりにも悪いと、12年で大規模修繕工事をしなければならないマンションもごくまれにありますが、私は長期修繕計画書上の大規模修繕工事周期を15年おきにするといいと思っていますし、実際の工事も15年タームを一つの目安にするべきだと考えます。

長期修繕計画書は通常30年という期間で考えるますが、10年タームの大規模修繕工事だと3回必要になり、15年おきなら2回ですみます。大規模修繕の期間を5年延ばすだけで、30年間で3分の2、つまり3割程度の削減になるのです。

建物には、修繕周期は15年よりも12年、12年よりは10年の方がいいに決まってますが、私には車を3年おきに新車に買い換えるぐらい不経済な修繕に見えてなりません。

是非、みなさんのマンションでも、長期修繕計画書に表記されている大規模修繕工事の周期に着目してみてください。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。