2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断できる人 できない人

kage

2011/12/24 (Sat)

マンション管理組合は、その年の役員でさまざまだ。

ポイントは「決断できる人、できない人」

人生だれにも「決断」はある。
進学/就職/結婚/マイホーム購入などプライベートなことから、お仕事で大きな決断を下さなければならない人も多くいる。
で、マンション管理組合の理事になった場面で「決断できる人」と「できない人」に分かれる。

マンション管理組合では、自分のことではなく、共有の財産で、かつ大きな金額を扱うので、決断も慎重に、合議制で、公平/公正/透明にしなければならないことは言うまでもない。
でも、自分もオーナーの一人で、周囲の人がどうおもっているか?ということの手前で「自分自身がどうしたいのか?」ということが大切だと思う。

「自分は、こう思っているのだけれども、周囲の反応が・・・」

「必ず反対意見は出るから・・・」

「できれば、次の期の理事にまかせて」

「目立ったことは、マンション内ではしたくない」


一歩も踏み出すことができない人を多く見かける。そして物事が動かないことがあまりにも多い。

マンションは老朽化して、区分所有者も変化し、何より経済状況は一変している中で、10年前のまま管理委託を続けているところが多いことに驚かされる。誰かが一歩踏み出し、決断しなければマンションが抱える諸問題は解決できない。

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。