2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

カテゴリ:節電・保険・防災対策 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理組合の防災対策(ハザードマップをチェックしよう)

kage

2014/03/17 (Mon)

マンション管理組合での防災対策はさまざまありますが、今回は「ハザードマップ」のチェックについてご紹介します。

海抜の低いところにあるマンションや、川の近くにあるマンションなど、最近よく見かけるゲリラ豪雨など水害に対して脆弱な地域が、行政や自治体が作成/配布をしている場合があります。特にマンションの密集する首都圏や近畿圏の行政では、WEBなどで公開されている確立が高いので、チェキすることをお勧めします。お住まいの地域とハザードマップで検索するとすぐにヒットします。

この「ハザードマップ」には、大雨などで浸水した場合に、どの程度の高さまで浸水するのかということが、これまでの実績や予測などが色で表示されています。一般的に河川の近くや、海の近くは、低地であるために、その浸水の深さは深くなり、リスクが伴います。「でも私の家は3階だからとか10階だから大丈夫」という方!大きな間違いです。マンションの地下や1階部分にある設備をよく見てください。電気室/給水ポンプ/機械式駐車場/防災制御盤などは通常1階や地下にあります。

特に、電気系統が水浸しになると、数週間/数ヶ月間は電気の供給がストップするでしょう。電気が止まれば、水も出ませんし、トイレも、機械式駐車場も使えません。当然自動ドアやインターホン/エレベータ/防犯カメラも全て機能が止まります。そこで、当社でここ数年、そんな地域のマンションに対してご提案をさせていただいているのが「防潮板」の設置です。数十分の間に浸水してくるのが、近頃のゲリラ豪雨です。その時間で簡単に浸水から大切な施設を守るものが「防潮板」です。

防潮板(ぼうちょうばん)とは、建築物の入り口等に浸水が起こりそうな緊急時に設置して、外部の水が建物内に浸入するのを防ぐ建築部材でです。地下鉄や地下街、地下駐車場の斜路、それに公共の建築物や大型の商業施設やオフィスビルなどでは、注意深くみていると、実はよく見かけます。
スポンサーサイト

マンション管理組合火災保険

kage

2014/03/02 (Sun)

マンション管理組合の火災保険の証券を最近見るようになった。

その保険のかけ方がマンション管理組合によって大きく違うことに驚いた。

簡単に言えば、地震保険加入しているマンションと未加入のマンション。

火災保険の保険金額もマンションによって大きく異なり、個人賠償や施設賠償などの取り扱いもさまざま。

で、管理組合は素人でよくわからずに、新築時点からなにも手付かずで、何十年も単純な更新できているところも少なくない。

はっきり言って、いい加減だ。

「良い加減」ならいいんだけど、発注者である管理組合や理事に知識がないために「いい加減」となっているところも少なくない。

当社で無料診断をしています。お気軽にご相談ください。

マンション管理組合の防災対策(防災備蓄品チェックリスト)

kage

2014/02/10 (Mon)

大規模災害の発生時には、救出・応急手当・消火活動など、一刻を争う事態では居住者が協力して取り組むことが被害軽減に大きく貢献します。その際に必要なものと、大震災発生後、避難生活で必要なものを、マンション備蓄庫を用意して、そして準備しておきたい道具や備品を下記に挙げますので参考にしてください。
▼住戸内に閉じ込められた人を救出するための工具や消火用具など
  バール、
  油圧式ジャッキ、
  ハンマー、
  金のこぎり、
  ペンチ、
  ボルトクリッパー、
  スコップ、
  救助用ロープ、
  脚立、
  二連はしご、
  バケツ、
  散水ホース、
  皮手袋、
  防塵マスク、
  防塵メガネ、
  ヘルメット、
  延長コード
  その他工具一式

▼負傷者用対策に必要なもの
  医薬品、
  外傷救急手当用品、
  折りたたみ式担架、
  タオル、
  毛布、
  衛生用品

▼建物応急処置
  ベニヤ板、
  立ち入り禁止用ロープ、
  大型ビニールシート、
  掃除道具、
  砂袋

▼居住者への広報、誘導に必要なもの
  雨着、
  ハンドマイク、
  ホイッスル、
  マジック、
  ホワイトボード、
  ガムテープ、
  布テープ、
  針金、
  コピー用紙、
  模造紙、
  カッター

▼避難生活に必要なもの
  発電機、
  ガソリン缶、
  投光機(三脚つき)、
  テント、
  コードリール、
  仮設トイレ、
  食料、
  水、
  トイレットペーパー、
  情報収集用の防災ラジオ、
  小型テレビ、
  携帯充電器、
  台車、
  折りたたみ式リヤカー、
  固形燃料、
  カセットコンロ、
  炊飯用具(大なべ、おたま、缶切り、紙皿、紙コップ、割り箸、ラップなど)、
  ポリタンク、
  荷締めロープ、
  ゴミ袋、
  ライター、
  暖房器具、
  虫除け用品など
  大型懐中電灯、
  乾電池、
  腕章、
  無線機

上記のうち、半分でも用意しておくと、いざという時にかなり役に立つと思います。また定期的に備品のチェックができるように、備品リストを作成しておくといいと思います。

「マンション防災 はじめの一歩」

kage

2013/12/06 (Fri)

東京都新宿区は、「マンション防災 はじめの一歩」というマニュアルを作成した。

5階建て以上のマンションで震度6弱以上の地震が発生したことを想定し、地震への対応と日ごろからの対策、自主防災組織の立ち上げや結成後の活動などの基本的な流れをイラストや実例を交えながら紹介している。

また新宿区では、4月から消防署OBで編成した「マンション防災アドバイザー」を派遣している。

今後は、マニュアルとセットで、防災組織の立ち上げや、防災対策・訓練等実践的な支援を行うらしい。

A4版、41ページのかなりしっかりした小冊子になっているようだ。

是非みなさんのマンションでもご活用下さい。

問い合わせ 新宿区役所危機管理課  03-5273-4592

http://www.city.shinjuku.lg.jp/whatsnew/pub/2011/1116-01.html

マンション総合保険の保険料は上昇基調

kage

2013/03/23 (Sat)

マンション共用部分の火災保険で一番活用されているのは、漏水事故と、破損・汚損と言って、何者かによってガラスが割られたとか、エレベータの操作盤が壊されたという、原因の追究ができないような事故に対する保証が一番多くあります。

実は、保険会社も、この事故に対しては、多くの保険金額と事務費が費やされています。

それにより、保険会社にとって、マンション総合保険は、儲からない商品に位置づけられています。

それは、保険料金に反映され、ここ数年の傾向では値上げ基調であり、今後もしばらくこのトレンドは変わるものではないと思います。

つまり、保険会社も順次保険料金の値上げに踏み切るということですし、これまでも徐々に保険料金が上がっています。

従って、保険料金上昇基調の時には、保険期間はできるだけ長い期間で、しかも、その時に割安の保険会社で、手厚い保証の保険会社に加入することが大切です。

保証がしっかりと担保され、かつ安い保険料の保険に入るには、高度な保険知識とマンション管理組合での実績が必要となりますが、現在は保険会社から出向してきた社員が管理会社に常駐して、マンションの実態や知識のない中で保険商品の設計をやっているのが実態です。

管理会社ではなく、プロの第三者にコンサルティングを依頼することを検討してみてはいかがでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。