2011 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 05

カテゴリ:初めに/お問合せ先 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めに|マンション管理組合がかかえる「大きな問題」

kage

2011/04/15 (Fri)

ひとつ目の問題がマンションを維持するための「長期修繕計画」。
区分所有者は入居と同時に「修繕費」を、新築当初にデベロッパーや管理会社が作成した長期修繕計画に基づいて毎月支払っています。

問題のふたつ目は十数年に一度の「大規模修繕工事」。
建物を守るために必要な屋上防水工事や塗装工事などを行うのですが莫大な費用がかかります。
工事費や工事の内容、範囲の適切さなどを管理会社まかせにしていませんか?

最後の問題は「管理費」。
入居時点から管理会社も費用もサービス内容も決まっていて、管理組合には選択できていないのが現状です。
毎月管理会社に支払っている管理費は本当に区分所有者のために使われており、適正な費用になっているのでしょうか?

この3つの「大きな問題」を見過ごし、区分所有者は「大損」をしていないでしょうか?

実はほとんどのマンションで長期修繕計画は破綻し、修繕積立金や管理費は高すぎる状況なのです。
なぜそんなことになっているのか?それは他業種では当然あるべき「サービスの比較」や「価格の競争」があまりないからです。
区分所有者の誰もが「自分が支払っている管理費や修繕積立金は適切なのか」が分からず、デベロッパーや管理会社の「言い値」を従順に支払っているのが現状ではないでしょうか?

マンションの長期修繕計画を是正し、管理費や大規模修繕工事費を適正価格にするのは、家計を助けるだけでなく、マンションという個人資産を守り、さらに高めていくことなのです。

とはいえ管理会社や工事業者への単純な批判や値切り交渉ではなく、良い関係を築き、管理の知識を深めコミュニティ力を高めていくことがまず大きな第一歩なのです。
スポンサーサイト

このブログについて

kage

2011/04/13 (Wed)

このブログの管理者とお問い合わせ先は・・・

サイト管理者:(株)シーアイピー
        →(株)シーアイピーHP(外部リンク)
お問合せ先:i-info@cip.co.jp

ご質問などございましたらお気軽にどうぞ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。